【2022年4月~6月のまとめ】編集部がピックアップ!クリニック運営に役立つ、よりすぐりの人気記事5選

2022年も半分が過ぎましたね。国内では新型コロナウイルス感染症の新規感染数が再び増加傾向にあり、いまだ収束したとは言えない状況が続いています。

コロナ禍3年目、日常生活における「新しい生活様式」が定着し、人々の意識や行動は大きく変わりました。医療機関へのかかり方においても同様です。患者のニーズを正しく読み取り、クリニック運営に生かしたいと考えているドクターは多いでしょう。

そこで、「患者ニーズ研究所ONLINE」では、クリニックに通う患者が何を求めているのかを独自に調査・研究し、記事にしてお届けしてきました。

そして本日は、3ヵ月ごとに行っている、恒例のまとめ記事の回です。2022年4月~6月の間に配信した記事の中から、特に好評だったものをピックアップしてまとめてご紹介します。


理事長のしくじり体験から編み出された、女性スタッフが輝けるヒント〈医院経営〉

まずご紹介するのは、高い関心が寄せられたこちらの記事から。実は医療機関からのお悩みの声としてしばしば聞かれるのが、女性スタッフのマネジメントの難しさです。

今の時代、「男性だから・女性だから」と一概に言えるものではありませんが、院長自身が、女性ならではの特徴や考え方の傾向を把握しておくことは、マネジメントをする上での大きなヒントになるはずです。

こちらの記事(前後編)では、関西を中心に7院を経営する医療法人社団梅華会の理事長を務める梅岡比俊氏に取材。自身のマネジメント上での失敗と、その経験を通じて身につけた「女性スタッフが輝くマネジメントのコツ」について聞いています。


〈前編〉7院経営する敏腕理事長のしくじりから学ぶ!女性スタッフが輝くマネジメントのコツ(2022年5月13日配信)

〈後編〉7院経営する敏腕理事長のしくじりから学ぶ!女性スタッフが輝くマネジメントのコツ(2022年5月20日配信)


求職者の本音を調査! 求人や面接時の対策で、早期退職を防ぐ〈求人・採用〉

毎回、ドクターたちから好評を頂いているのが、求人や採用に関する記事です。

仕事の専門性の高さや大変さも相まってか、実は医療業界の離職率は高い傾向にあり、転職サイクルの早さも業界ならではと言えます。どうにかしてスタッフの定着率を向上できないかと、試行錯誤しているクリニックも多いのではないでしょうか。

そこでこちらの記事(前後編)では、医療従事者たちを対象に、転職に関するアンケート調査を実施。転職を決断したきっかけや勤務先を選ぶ際に重視するポイントなどの傾向をもとに、入職後のミスマッチを防ぐための求人・採用でのヒントを紹介しています。


〈前編〉医療従事者への転職意識調査からひもとく!ミスマッチを防ぐ求人・採用のヒント(2022年6月10日配信)

〈後編〉医療従事者への転職意識調査からひもとく!ミスマッチを防ぐ求人・採用のヒント(2022年6月17日配信)


注目度高まる認知症。子どもが親の将来に対して抱える「不安」の中身とは?〈患者調査〉

超高齢社会の日本において、年々、罹患する人が増加傾向にある「認知症」。昨年末、認知症の7割を占めるアルツハイマー病の新薬「アデュカヌマブ」が国内で承認見送りになったことも、大きな話題となりました。

こちらの記事(前後編)では、そんな注目の集まる認知症に関するアンケート調査を実施。調査結果から、親の認知症に関して子どもがさまざまな不安を抱えていること、そして親とは認知症について話しづらいという実態が浮かび上がってきました。

今後も増え続ける認知症患者。調査結果を詳しく解説するとともに、患者やその家族が医療機関に何を求めているかを考察します。


〈前編〉20代~40代の意識調査!親の認知症に関する不安、そして知りたいコト(2022年4月1日配信)

〈後編〉20代~40代の意識調査!親の認知症に関する不安、そして知りたいコト(2022年4月8日配信)


感染拡大から約2年。漠然とした患者の「不安」は、より具体的なものへと変化〈新型コロナ対策〉

コロナ禍3年目。医療機関では、患者を守るためにさまざまな感染症対策が取られています。しかし、今も不安感を抱えている患者は少なくありません。そんな患者の「不安」とは、どのようなものなのでしょうか? 探ってみたところ、新型コロナウイルス感染症が広がる前と、その後では、患者の医療機関の利用の仕方に大きな意識の変化が見られました。

そこでこちらの記事(前後編)では、患者の声から「不安」の正体をひもとくとともに、そうした不安に対して医療機関で行われている感染症対策を紹介。「コロナ慣れ」してきた今こそ、あらためて自院の感染症対策に漏れがないかをチェックしてみてはいかがでしょうか。


〈前編〉患者の「不安の声」からひもとく!コロナ禍3年目、医療機関の感染症対策(2022年5月27日配信)

〈後編〉患者の「不安の声」からひもとく!コロナ禍3年目、医療機関の感染症対策(2022年6月3日配信)


ホームページや広告メディアと併せて活用し、情報発信力を強化しよう〈医院経営〉

最後に、最も高いアクセス数を誇ったのがこちら。無料でありながら、さまざまなメリットがあるツール「Googleマイビジネス(ビジネスプロフィール)」に関する記事です。

医療機関でも活用しているところが増えている一方で、「興味はあるもののまだ使ったことがない」「オーナー登録したものの、機能が多くていまひとつやり方がわからない」などといったドクターたちの声も聞かれ、大きな反響を呼びました。

この記事では入門編として、まず運用する上で抑えておきたいGoogleマイビジネスのメリットを、「医療情報の発信」という観点から7つピックアップ。運用上の注意点と併せて詳しく紹介しています。


〈入門編〉今さら聞けない7つのポイント!Googleマイビジネス(ビジネスプロフィール)のクリニック活用術(2022年5月6日配信)


     ◇    ◇    ◇

今回は5本の記事をピックアップしてお届けしました。次回のまとめ記事は、2022年10月頃の配信を予定しています。どうぞご期待ください。(ドクターズ・ファイル編集部)


※「クリニックの経営で、こんな課題を抱えている」「話題になっているあのテーマについて知りたい」など、「患者ニーズ研究所ONLINE」で取り上げてほしいクリニック経営に関するテーマがございましたら、「お問い合わせ」よりぜひ編集部までお寄せください。


患者ニーズ研究所 ONLINE|ドクターズ・ファイル

総合医療情報サイト『ドクターズ・ファイル』の編集部がより良い医院経営にお役立ていただけるよう、全国のドクター向けに医療コラムをお届けいたします。