〈後編〉健康管理、ストレス解消、自身の体は大丈夫?ドクターの働き方調査

前編では「開業医の働き方」の調査結果(※)をひもとき、予想以上に深刻な医師の労働環境が浮き彫りになりました。週あたりの総労働時間が60時間を超える、いわゆる「過労死ライン」を約4分の1の開業医が超えているという現実を目の当たりにし、畏敬の念を抱くと同時に、ドクターの健康維持がますます懸念されます。

開業医は勤務医と違い、自身の裁量で休日を取ったり、外来診療にかける時間を調整したりすることができるとも思われがちですが、実際には多くの医師・歯科医師が自身の休日を削ってでも、患者が安心して通えるクリニックを運営するために、そして地域医療に貢献するために、多くの時間と労力を費やしていることがデータからうかがえました。

後編では、そんなドクターたちが、労働時間の荷重や休日不足を感じながらも持ち続ける仕事への「やりがい」と、それでもやはりギリギリのところでクリニック経営に向き合っている「切実な現実」とを、前編同様、調査結果のデータとリアルなコメントとで深掘りしていきます。なお、グラフ内の数値は神奈川県保険医協会の調査結果(詳細版)からの転用です。 


過重労働でも、仕事への「やりがい」や「満足度」を高く保つドクターたち 

開業医の総労働時間については前編で示したとおり、深刻な過重さが浮き彫りになっています。そのデータから浮かんだのは、ドクターたちは開業医という「仕事」に対して、もはやモチベーションを高く保てなくなっているのではないかという懸念でした。

しかし、実際の調査結果が示したのは予想以上の「やりがい」「満足度」の高さでした。「やりがい」については医師・歯科医師ともに、「変わらない」と答えたドクターが4割以上。そして「なくなっている」あるいは「ややなくなっている」と答えた医師が23.5%と2割を超えるものの、「高まっている」「やや高まっている」と答えた医師は25.5%と、4分の1を超える割合を示します。

歯科医師では「なくなっている」「ややなくなっている」が計29.6%と3割近くに及びますが、「高まっている」「やや高まっている」と答えた割合も29.3%とほぼ同程度。仕事への「満足度」もおおむね同様の傾向を見てとることができます。

ドクターたちが感じている「やりがい」は、同調査に寄せられた医師・歯科医師のフリーコメントからも見てとることができます。

 

もちろんこうしたポジティブなコメントばかりではないですが、たゆまず研鑽を続けること、それ自体がモチベーションとなっているドクターの姿が浮かび上がります。その努力によってプライマリケアのクオリティー維持・向上が担保されているということを、より実感します。


ドクターたちの切実なコメントから浮き彫りになる、開業医の窮状

とはいえ、同調査に寄せられたフリーコメントには、まさにギリギリのところで踏ん張って地域医療の質を維持しているドクターたちの本音もあふれていました。

外来診療以外の労務や雑務に追われることで自身の休日や休息時間が削られるばかりか、自身の研鑽のための時間さえ取れない──それがドクターの大きなストレスとなっているという構図が浮かび上がります。

保険診療の点数計算の煩雑さもそうですが、そもそも診療報酬の見直しにより、診療内容に見合わないと感じられるような低報酬の治療などもあるようで、思うように利益を上げることができない不安が開業医には付きまといます。そうした不安感から、労務作業のためのスタッフ採用や外注に踏みきれず、ドクター自身がすべてを行ういわゆる「ワンオペ化」が進むという悪循環が生まれているようです。

また、ピックアップしたフリーコメントにもありますが「代わりがいない」というプレッシャーもまた開業医には切実です。もちろん代診医師の雇用を考えるドクターも多いはずですが、それもまた患者の健康を預かっているという責任感に加え、クリニックの損益を考えて躊躇するケースも多いようです。

こうした現状には、調査を行った神奈川県保険医協会も「第一線医療が開業医の職業意識の高さでギリギリ支えられていることを意味しており、このガラス細工の現状は、いつでも決壊する瀬戸際にあることを示唆している」と考察しています。


開業医自身の努力だけでは実現できない労働時間超過の解消

開業医の労働時間の超過を解消し、心身ともに健全な状態でクリニックを運営していける環境を整えることは地域医療の質を維持・向上させるために不可欠な課題といえます。しかし調査結果から見て取れるように、それは開業医自身の努力だけではもはや実現できないところにあります。

「しっかり睡眠を取る」、「体調不良の際は休む」と一口に言ったところで、それが簡単にできるならこれほど事態は深刻化していないはず。では、今後どのようにこの状況を改善していくべきなのか。一概に答えの出ない難問ですが、神奈川県保険医協会による提言は、まさに高いクオリティーのプライマリケアを保つための具体的な課題を提示しています。 

ドクターだけに努力や負担を強いる現状から脱却するための具体的提言がまとめられたわけですが、こうした働きかけは神奈川県保険医協会以外の団体組織にも波及し、それぞれ独自の調査を行うなどの動きを見せ始めています。


【後編まとめ】

前編・後編にわたって開業医の労働時間の過重さやクリニック経営にまつわるストレスなどをひもといてきました。現時点でこれを劇的に解消するのは非常に困難であることがデータに向き合うほどに実感されます。それでもなお患者のため、地域医療のために診療にあたるドクターたちの奮闘について、もっと多くの人に知ってほしいとも思います。真の「働き方改革」へ動き出すきっかけは、まずは実態の理解からかもしれません。

とはいえ現段階では開業医の健康問題は基本的に自己責任であり、自身の体は自身でケアするほかないという大変な状況を、今回のデータが物語っていました。釈迦に説法的なアドバイスになってしまいますが、ドクターにはせめて年1回の健康診断受診と、最低でも週1回の休日取得は切にお願いしたいところです。

患者の健康を第一に考えて診療にあたるドクターの姿勢は、地域住民にはとてもありがたく大きな安心となっています。その安心はドクター自身の健康な生活あってこそ。同時にその意識が患者側にももっと根づき、ドクターの心的ストレスが多少なりとも軽減されることを願うばかりです。


※神奈川県保険医協会による「開業医の働き方調査」。対象は、同協会会員の開業医(院長)3364名、開業歯科医師(院長)2390名の計5745名。有効回答が得られたのは開業医(院長)690名(20.5%)、開業歯科医師(院長)399名(16.7%)、合計1089名。2018年10月15日〜10月31日に郵送方式で調査を実施。今回示したデータはすべてこちらの集計結果を引いています。

患者ニーズ研究所 ONLINE|ドクターズ・ファイル

総合医療情報サイト『ドクターズ・ファイル』の編集部がより良い医院経営にお役立ていただけるよう、全国のドクター向けに医療コラムをお届けいたします。