〈第4回〉人事評価者に求められる5つのスキル《クリニック向け!人事評価7つの基本のキ》

患者が医療機関を選ぶ上で、ポイントの一つとなるのがそこで働くスタッフの存在。親切丁寧な対応や優しい笑顔、寄り添う姿勢は患者にとって大きな支えとなります。

そんなクリニックの顔ともいえるスタッフが高いモチベーションで働けるよう、近年、医療機関でも注目を集めているのが「人事評価制度」。上手に活用することで、スタッフの成長や定着率の向上が期待でき、生産性や業績アップといった経営改善にもつながります。すでに興味・関心を寄せているドクターも多いのではないでしょうか。

そこで配信100回を記念してお届けするのが、こちらの特別連載コラム「人事評価7つの基本のキ」。人事評価制度の導入に際して押さえておきたいポイントを、全7回にわたって詳しく解説していきます。

第4回は「評価者に必要な5つのスキル」を取り上げます。


運用開始前には必ずスタッフ全員に説明し、理解を得る

人事評価の屋台骨ともいうべき重要な「人事評価軸」。第3回では、その設計の仕方について解説しました。評価軸が定まることで、評価者は主観によることなく​公平で客観的​な評価がしやすくなり、スタッフの満足度も上がります。

評価軸が定まったらいよいよ運用スタートですが、その前に必ず行っておきたいのがスタッフへの周知です。事前に経営側が人事評価を導入する目的と方法を丁寧に説明し、スタッフ一人ひとりに理解・納得してもらいましょう。双方の目線合わせがされないまま導入してしまうと、評価基準が不明確だとしてスタッフが不満を抱いたり、目標が曖昧なため成長につながらなかったりなどの逆効果を生むこともあるので、注意したいところです。


院長が評価者のクリニック多数。評価スキルを身につけることが、スタッフ満足度に影響

スタッフにしっかり説明し、十分な理解を得られたら、いよいよ人事評価の運用開始です。

第2回でも解説しましたが、人事評価導入後の一般的な運用フローはこのようになっています。

そして、人事評価では誰が評価をするのかも重要です。

ドクターズ・ファイル編集部が全国の開業医を対象に行った「クリニックの人事評価制度に関するアンケート調査」(※)によると、評価者は「院長」が最も多く、次に「理事長」、「チームリーダー」と続きました。クリニックによっては、より客観性を高めるため、現場に近い上司なども加わり、複数名で評価を行うケースもあるようです。

評価者は、業績や目標に対するスタッフの自己評価を踏まえ、明確な評価基準のもと、公平な視点で評価することが求められます。さらに、スタッフと一緒に目標を設定するほか、フィードバック面談や中間面談を通じて、良い部分をさらに伸ばし、見直しが必要な部分は今後の取り組み方を指導するなど、スタッフのモチベーション向上や成長につなげることも評価者の大切な役割といえます。

そこで求められるのが、評価者の人事評価スキルです。これを持ち合わせていないと、評価軸にずれが生じて整合性が取れなくなったり、評価結果に不公平感が生まれたりして、スタッフに不満が生じてしまいます。評価には責任が伴いますので、評価者は常にスタッフから信頼を獲得できる評価を行うように、スキルアップに努めましょう。


スタッフの満足度を高める、評価者に必要な5つのスキル

そこで、人事評価をする上で、評価者が身につけておきたい主なスキルを5つ紹介します。


【まとめ】

今回は、「評価者に必要な5つのスキル」について紹介しました。

人事評価はスタッフの給与や賞与などの報酬や昇格などを決定する以外に、人材の育成や、クリニック理念の理解を促すことなどにも大きく役立ちます。スタッフにとって仕事のモチベーションに直結するため、納得してもらえるよう、評価者は公平に評価することが最も重要です。この原点を忘れることなく、評価する側が評価スキルを磨いていくことが、人事評価の成功へとつながります。そして、評価者だけでなく、評価される側のスタッフにも人事評価の目的や意義をしっかり理解してもらい、双方の目線合わせを大事にしていきましょう。

次回のテーマは、経営側が前もって知っておきたい「人事評価の注意点」です。


※ドクターズ・ファイル編集部による「クリニックの人事評価制度に関するアンケート調査」。対象は、ドクターズ・ファイルを契約中の全国の医科・歯科クリニック。回答数は210院。2022年4月27日~5月6日にインターネット調査にて実施。

患者ニーズ研究所 ONLINE|ドクターズ・ファイル

総合医療情報サイト『ドクターズ・ファイル』の編集部がより良い医院経営にお役立ていただけるよう、全国のドクター向けに医療コラムをお届けいたします。